Top >  わきがと多汗症 >  多汗症の症状である副乳多汗症

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

体臭専用消臭クリームクイックダッシュ
脇・足の気になる匂いに!安心の医薬部外品、持ち運びに便利なプッシュ式ボトル、使い安いジェルタイプ。

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

多汗症の症状である副乳多汗症

副乳多汗症とは多汗症の症状の1つであり、女性が生理の前などに、わきが腫れたような感じになる症状のことをいいます。
これは数は少ないですが、複数の乳腺組織が脇の方にあることが原因となり、多汗症の症状が現れ、大量の汗が出るわけです。
元々は乳腺から進化したものである汗腺組織。
発汗作用が強い脇の下の副乳は、副乳多汗症の原因ともなります。
副乳多汗症は、医者が目視で汗腺を取り除く手術でないとなかなか完全に除去することが難しいとされています。手術をして実際に見ないと発見できないことが多い症状なのです。
汗が大量に出るのはこの副乳があるためなので、手術により副乳を除去したあとには、多汗症の症状はかなりおさまることが期待できます。

 <  前の記事 手掌多汗症の治療(ドライオニック)  |  トップページ  |  次の記事 わきがの電気治療  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきがと多汗症の治療法を教えて!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。