Top >  多汗症の治療 >  多汗症と自律神経の関係

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

体臭専用消臭クリームクイックダッシュ
脇・足の気になる匂いに!安心の医薬部外品、持ち運びに便利なプッシュ式ボトル、使い安いジェルタイプ。

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

多汗症と自律神経の関係

多汗症を治療するために、自律神経失調症の症状を改善する作用のある薬、グランダキシンという薬を使用することがあります。
多汗症は、自律神経と切っても切れない深い関係があるのです。
特に自律神経のバランスが崩れると、発汗、頭痛、動悸、のぼせなどの症状があらわれます。
自律神経のバランスを整えて、のぼせ、発汗、頭痛、動悸などの症状を抑える薬として、効果的な薬がグランダキシンです。
また発汗を抑える作用があることから、多汗症の治療にも効果的だといわれています。
グランダキシンは、更年期障害やむちうち症などの治療にも使われています。
薬の副作用としては、食欲不振、便秘、口の渇き、吐き気、眠気、ふらつき、めまい、などの症状があります。グランダキシンを多汗症の治療のために使用する場合は、医師の指示に従いましょう。

 <  前の記事 手掌多汗症の治療法  |  トップページ  |  次の記事 多汗症治療と美容外科治療  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきがと多汗症の治療法を教えて!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。