Top >  多汗症の手術 >  多汗症治療と手術

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

体臭専用消臭クリームクイックダッシュ
脇・足の気になる匂いに!安心の医薬部外品、持ち運びに便利なプッシュ式ボトル、使い安いジェルタイプ。

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

多汗症治療と手術

多汗症の治療方法のひとつに手術が考えられます。
胸腔鏡下交換神経切除術という手術は、掌の多汗症の発汗を抑えるために行う手術で、交感神経の働きを抑えます。
胸腔鏡下交換神経切除術は、まず全身麻酔をします。
その後、脇の下の皮膚を2〜4ミリ程を切開して、小さなカメラを挿入し、掌の汗の量を促し交感神経を切除します。
傷口も小さく目立たず、小さな穴を数箇所開けるだけなので、手術時間も1時間前後と短くてすみます。
そして手術後にすぐに、多汗症の症状の改善効果が現れます。
また足の裏の多汗症にも、腰椎の交感神経を切除するという同様の要領で行う方法があります。
多汗症の治療としての手術を行う時には、じゅうぶんに理解するためにも医師のカウンセリングをしっかりと受け、手術を行うことが大切です。

 <  前の記事 多汗症治療の選択方法  |  トップページ  |  次の記事 多汗症やわきが治療法(ボトックス注射)  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきがと多汗症の治療法を教えて!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。