Top >  多汗症の手術 >  多汗症治療と美容外科治療

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

体臭専用消臭クリームクイックダッシュ
脇・足の気になる匂いに!安心の医薬部外品、持ち運びに便利なプッシュ式ボトル、使い安いジェルタイプ。

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

多汗症治療と美容外科治療

手術によって多汗症を治療したい場合は、美容外科を受診します。
美容外科クリニックで手術を行なうことで多汗症を治療する場合は、手術により多汗症やわきがに対して確実な効果を得ることができます。
きちんと手術が成功すれば、わきがや多汗症の再発もありません。
しかしメスで切開したり、麻酔をかけたりするので、費用面やダウンタイム(社会生活に復帰できるまでにかかる日数)など不安があるのも事実です。
美容外科では、皮膚切除法(脇の下の皮膚を切除する)、皮膚組織切除法(特殊な器具で組織をとり出す)、直視下剪法(脇の下を切開し、医師が直接見て汗腺を除去する)、超音波吸引法(脇の下の皮膚の一部から管を入れて、超音波を発振させる)、マイクロリムーブ法(脇の下を切開し、特殊な治療器で汗腺を除去する)などがあります。
高額ですが効果が期待できるのは、病院での美容外科で行う治療です。
もしあなたが、わきが多汗症の根本治療を望むのであれば、信頼できる病院と医師を選ぶことが大変重要です。

 <  前の記事 多汗症と自律神経の関係  |  トップページ  |  次の記事 治療法の選び方  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきがと多汗症の治療法を教えて!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。