Top >  多汗症の手術 >  わきが治療の皮下組織掻爬法と皮下組織切除法

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

体臭専用消臭クリームクイックダッシュ
脇・足の気になる匂いに!安心の医薬部外品、持ち運びに便利なプッシュ式ボトル、使い安いジェルタイプ。

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

わきが治療の皮下組織掻爬法と皮下組織切除法

皮下組織掻爬法や皮下組織切除法という、多汗症やわきがを治療する方法があります。
皮下組織掻爬法とは、汗腺類を掻きとる治療法で、脇の下数センチほどを切り、そこからキューレット(スプーン状の小さな器)を差し込む方法です。
皮下組織掻爬法では、脇の下を切開したときに出来る小さな傷跡だけが残るだけです。
ただキューレットの加減によっては、わきがや多汗症の原因である汗腺類が完全には取れなかったり、皮膚を傷つけることもあるので、この方法をするときは熟練した医師に任せたほうがよいかと思います。
また皮下組織切除法という治療では、皮下組織掻爬法の時に使うキューレットの代わりに、はさみのような形をした器具を使用します。
この器具とは、片方がローラー、もう片方には汗腺を取り除くスプーンが付いたものです。
どちらの方法も入院する必要があります。
皮下組織掻爬法と皮下組織切除法、どちらの方法も多汗症やわきがの治療法としては成果をあげています。
しかしどちらの方法を選択する場合も、まず病院選び、医師選びは慎重に行うことが大切です。

 <  前の記事 抗コリン剤  |  トップページ  |  次の記事 多汗症の治療と塗り薬オドレミン  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきがと多汗症の治療法を教えて!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。