Top >  手掌多汗症 >  手掌多汗症の治療法

PICK UP

わきが・多汗症治療の詳細情報

体臭専用消臭クリームクイックダッシュ
脇・足の気になる匂いに!安心の医薬部外品、持ち運びに便利なプッシュ式ボトル、使い安いジェルタイプ。

塗る汗ワキパッド「サラノンEX」
朝塗るだけで一日中わきの下の臭いを押さえ、さらさら感が持続するクリームです。一塗りするだけで薄いシリコン皮膜が肌を覆い、汗と臭いをしっかりガード、汗のベタつきを抑えます。

手掌多汗症の治療法

手掌多汗症(手汗症)の治療法として、胸腔鏡下交感神経切除術、イオンフォトレーシス、ドライオニック、市販の制汗剤の使用といったいくつかの方法があります。
また他に、外科手術で制汗剤を埋め込む方法もあります。イオントフォレーシス(イオン導入)では、弱い直流電流を利用し皮膚の帯電バランスを崩します。
電気的圧力をかけることにより、通常なら浸透できない表皮のバリアゾーンを薬剤が通過して浸透できるようにします。
イオン導入することにより、薬剤がバリアゾーンを通り抜けて真皮層へ浸透できるようになるのです。
またドライオニックという装置があり、これは自宅で多汗症の症状を改善するために利用されます。
ドライオニックは、微弱な電流を皮膚に流すことにより、汗腺から出る汗を抑える装置です。
ドライオニックとは、家庭用機器のイオントフォレーシス機器のことをいい、これはアメリカのジェネラル・メディカル社が販売している家庭用機器のことをいいます。

 <  前の記事 多汗症と食事  |  トップページ  |  次の記事 多汗症と自律神経の関係  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「わきがと多汗症の治療法を教えて!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。